ゼネラリ保険

イタリアのトリエステ市で1831年に設立されたゼネラリ保険会社は現在60ヶ国を超える国々で営業しています。イタリアでは生命保険と損害保険の両方を、日本では1987年から損保の営業を行っています。


イタリアでは不動の位置で保険業界に君臨していますが、日本ではまず三井住友海上火災保険を総代理店として保険販売を始め、その後独立しています。


代理店を通しての販売のみでネットでの通販、直販は行われておらず、ホームページにも代理店の方が使われるカタログ程度のものしか載せていないため一般の方はなかなか比較、把握ができないのが現状です。


1999年には代理店型自動車保険「ビアンカ」と直販型「ロッソ」を販売開始し、「ロッソ」保険料が安いことで好評だったようですが現在は販売終了してしまっています。

代理店型だけれど保険料が安めに設定

現在、ゼネラリの自動車保険は、対象のお客様(個人か法人か)と車種と保険内容により「ビアンカ」、「PAP」、「BAP」という3つのラインナップになっています。


いずれも、充実したロードサービスが付帯しており、借りた車の運転でも、対人、対物賠償、自損事故についてお支払ができる、他車運転危険補償特約もすべての契約に自動的に付いています


割引制度も整備されていて、細かく保険料を節約できます。


使用目的によって、またゴールド免許かどうかによって、新車割引やセカンドカー割引、運転者の限定や、年齢によって割引されます。年齢条件は「年齢問わず」「20歳以下」「21~25歳」「26歳以上」となってます。


もう少し上の年齢設定があってもいいかもしれませんね。

安心のロードサービス

全国の拠点よりGPSで素早く位置確認し駆けつけてくれます。ガス欠時のガソリンは20リットルまで無料(年1回)、最寄りの修理工場までの無料レッカー移動は20km迄です。


日本では知名度があまりにも少なく、また事故対応満足度アンケートの結果が少し芳しくない状況があります。


とても安かった直販型「ロッソ」がなくなり代理店型に徹することによりこれからどう変わっていくのか、期待したいところです。


ロードサービスや補償内容はしっかりしていますし、代理店型の保険にしては保険料を抑えてあるので、見積もりを検討してもよいかもしれません。


無料で商品券1000円分もらえる見積もり比較サービスのご紹介

注目!最大20社から一括見積もりでき商品券1000円分もらえるサイトはここだけです。
かんたん入力で、各社自動車保険の見積もり比較がパソコン画面に一覧表示! 年間数万円も節約できた方もでました。その安さ・便利さに私も驚きました。あなたもきっと驚くでしょう。

  • プレゼントをもらったとしても、決して契約する必要はありません。現在ご加入中の保険との目安にしてください。

自動車保険一括見積りで1,000円もらえる方法!

見直し

選び方

基礎知識

種類

特約

節約

会社

事故処理

Q&A

ニュース

ワンポイントアドバイス
自動車の保険料やサービスは毎年変わります。半年に一度は、見積もり比較サイトでチェックしましょう。そのたびに商品券がプレゼントされますよ♪